お知らせ
  • 株式会社YST

「終末期リハビリ」とは!?

更新日:11月9日

先日、終末期の利用者さま提供しリハビリの事例検討と共に、終末期リハビリの関わり方について社内で研鑽しました。


疾患別の終末期・ガン患者に対するリハビリの考える視点、最後まで寄り添う関わり方について、セラピストの視点で学ぶことは、在宅連携を行っていく上で重要だと気づかされました。


特に終末期リハビリのエビデンスが不足している現状では、リスク管理を中心にコミュニケーションを通して、利用者さまとそのご家族の思いの変化を追いかける際の連係の大変さが浮かびを学びの多い機会となりました。


今後も1つずつ課題を見つけ、仮設と検証を繰り返しながら、生命に寄り添った、地域医療・介護の在り方とサービスの提供を一生懸命に考えて参ります。