お知らせ
  • 株式会社YST

夏に多い!⚠ ペットボトル症候群の危険性 ⚠

まだまだ残暑の厳しい日々が続きますが、皆さん体調管理は出来ていますでしょうか?


今回はペットボトル症候群とは⁉について触れてみたいと思います。


熱中症対策で多くの方が、スポーツドリンクを飲む頻度が増えてきているかと思います。


このスポーツドリンク類って、実は糖分を多く含む飲料水で、それをたくさん摂取することで起こる病気なんです。


正式名称は『 ソフトドリンクケトーシス 』と言い、血液中のブドウ糖やケトン体と呼ばれる成分が異常に高くなり、喉が渇き、おしっこが頻回、体がだるくなる、腹痛、嘔気などの症状が現れ、ひどくなると意識が低下し、昏睡状態にまでなってしまいます。

    

十分な水分補給は必要ではありますが、毎回スポーツドリンクではなく、お茶などの糖分を含まないものと合わせて飲むことやスポーツドリンクを薄めて飲まれることを推奨します。


今後も、地域の皆さまの安心・安全な在宅生活の支援に向けた活動を当社では、常に考えて行動して参ります。